ご挨拶

 Chiba BLS Learning Site(C-BLS)は蘇生教育をスペシャリティーとした看護師が設立した非営利目的の任意団体です。

当会主催の各種コースは、日本医療教授システム学会国際トレーニングセンター提携のAHA-BLS・ACLSコースディレクターが主宰でありコースでの指導スキルの一貫性を保ちます。すなわちコースを単に提供するだけではなく、学んだ内容を受講生のバックグラウンドで十分に応用し、苦手意識を軽減し、そして同じ職場のスタッフへ学んだ内容を伝えられるコース開催活動を行っていきます。​​

 

また非医療従事者へは『愛する人や大切な人』、『偶然遭遇した命の危険に陥った人』への適切な対処の仕方を学びます。

 日本救急医学会ICLS、ICLS-WSでは当会の活動使命にご賛同いただいた医師がディレクターとなりコース開催を行います。当会でのいずれのコースにおいても「受講してよかった」と心から感じてもらえるコースを目指します。

インストラクター紹介

C-BLSインストラクター 高橋真一

高橋 真一 / Shinichi TAKAHASHI

AHA(アメリカ心臓協会)

・BLSインストラクター

・ACLS Course Director

​・ACLS EPインストラクター

・PALSインストラクター

(JSISH-ITC 内規)

NAEMT (米国救命士協会)

AMLS / PHTLSインストラクター

日本救急医学会認定ICLSインストラクター

大阪ライフサポート協会 PUSH Project 認定インストラクター

C-BLSインストラクター 藤田隼人

代表 藤田 隼人 / Hayato FUJITA

AHA(アメリカ心臓協会)

・BLS Training Center Faculty

・ACLS Course Director

(JSISH-ITC 内規)

日本救急医学会認定ICLSインストラクター

EMR財団 評議員

(一般社団法人 エマージェンシー

 メディカル・レスポンダー財団)

大阪ライフサポート協会 PUSH Project 認定インストラクター

C-BLSインストラクター 齊藤順子

齋藤 順子 / Junko SAITO

AHA(アメリカ心臓協会)

・BLS Course Director

・ACLSインストラクター

(JSISH-ITC 内規)

​公募講習プログラム​

オレンジ文字は「各コース」「Google Map」「受講申し込み」ページのリンクになっています