img3.png

BLSプロバイダーコース

Basic Life Support for Providerとは心肺停止や呼吸停止に施す一次救命処置(BLS)トレーニングプログラムです。成人・小児・乳児の心肺蘇生法と気道異物除去、AEDによる除細動、バックバルブマスクによる人工呼吸法を身につけるコースです。蘇生を学ぶうえで基本となるコースになります。

概要

成人の傷病者に対する胸骨圧迫と人工呼吸、AEDの使い方に加えて、小児と乳児の心肺蘇生法、気道異物除去など国際ガイドラインに基づいた一次救命処置(BLS)のほぼすべてを網羅しています。

ひとりで行う心肺蘇生法(CPR)の他に、ふたり以上の救助者がいた場合の、より効果的な心肺蘇生法の訓練やポケットマスク(感染防護具)による人工呼吸、医療機関で標準的に使われているバックバルブマスクによる換気法など、市民向け蘇生講習では含まれない高度な手技も訓練していきます。

 

上級コースである成人二次救命処置ACLSや小児二次救命処置PALS/PEARSコースの受講に際しても、本コース修了相当のCPRスキルが必要条件として求められており、すべての医療従事者にとって必須の基礎コースといえます。

特徴

AHA(アメリカ心臓協会)の長年の経験と教育学的効果に基づいて開発されたPractice while Watching(PWW)という技法に基づいて、DVD教材を使ってコースが展開されます。すなわち、コースビデオの中で映像として示されるデモンストレーションを見ながら、それに合わせて胸骨圧迫などの練習を行うことで、正しい手技・正しいテンポを身につけます。

 

ACLS、PALSを含めて、すべての心肺蘇生技術の基本となるのは、胸骨圧迫と人工呼吸からなるCPR(Cardiopulmonary resuscitation)です。手順と方法は決して難しいものではありませんが、BLSプロバイダーとして的確なCPR技術実践ができるようになるためには、知識だけではなく、実際に体を使って訓練を行う必要があります。そのため、BLSプロバイダーコースの中では、特に大切な手技は繰り返し何度も練習をするようにプログラムされています。

BLS-IFP・BLS-PHPの違い

前回のガイドライン2015コースでは、映像教材のシチュエーション提示が、病院内(IFP:医療施設内 in facility)病院外(PHP:プレホスピタル Pre-hospital)に分けられていました。

ガイドライン2020コースでも形式上、BLS-IFP と BLS-PHP を分けて展開していきますが、練習内容や試験はまったく同じですので、どちらでご参加いただいても大差はありません。

Chiba BLS Learning Siteコースの特徴

1.一人一体の練習用マネキン

2.ポケットマスクの貸し出し無料

3.再受講は二年間無料

4.日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンター AHA-BLS Provider資格(eCard)発行

修了試験

実技試験・筆記試験があります。

実技試験は一人法ならびに二人法の成人BLSとAEDスキルチェック、一人法ならびに二人法の乳児BLSスキルチェックを行います。

筆記試験は四者択一式で84%以上の正解が必要です。

BLSプロバイダー認定カード(eCard)

本コースの全課程を修了し筆記試験・実技試験に合格すると、2年間有効のAHA公式BLSプロバイダー認定eCardが発行されます。世界で共通する医療従事者レベルの心肺蘇生技術認定です。

 

2018年10月から資格認証が電子認証システム (eCard:イーカード/eカード) に切り替わりました。eCard システムは、インターネット上でAHAプロバイダー資格と有効期限を確認することができる電子認証です。

教材・その他

受講生各自で下記の教材をご用意いただきます。

受講に際してAHAの規約により各受講生がテキストを購入し持参することが必要になります。必ず事前にテキストを購入の上、コースにご参加ください。

​現在、ガイドライン2020の日本語版e-bookが販売されており、e-bookでの受講も可能ですが、AHA純正アプリ(無料)での閲覧が必要でありコースで使用するには時間を要しますので当会ではお勧めしておりません。

41UGdhPIXGS._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

受講料金

新規16.000円

(本体価格14.546円+消費税1.454円) 

更新14.000円

​(本体価格12.728円+消費税1.272円)