概要

大人の傷病者に対する人工呼吸と胸骨圧迫(心臓マッサージ)、AEDの使い方に加えて、乳児と小児のCPR、 気道異物除去など、国際ガイドラインに基づいた一次救命処置(BLS)のほぼすべてを網羅しています。

ひとりで行なう心肺蘇生法(CPR)の他に、ふたり以上の救助者がいた場合のより効果的な心肺蘇生法の訓練や、 ポケットマスク(感染防護具)による人工呼吸、医療機関で標準的に使われているバッグバルブマスクによる換気法など、 市民向け蘇生講習では含まれない高度な手技も訓練していきます。

特徴

AHAの長年の経験と教育学的効果に基づいて開発された”Practice while Watching(PWW)”という技法に基づいて、 DVD教材を使ってコースが展開されます。すなわち、ビデオ教材の中で映像として示されるデモンストレーションをみながら、 それにあわせて胸骨圧迫などの練習を行うことで、正しい手技・正しいテンポを身につけます。

当日は実際に体を動かす実技練習が中心のコースとなります。受講の機会をより効果的なものとするため、受講生の皆さんがマネキンを使った練習に専念できるよう、 講義時間は最小限に留めています。受講生は事前にテキストを熟読してくることが求められます。

受講対象者

当コース受講に際しては医療資格は必要ありません。興味と熱意がある人なら誰でも受講できます。

修了証

本コースの全課程を修了し、筆記試験・実技試験に合格すると、2年間有効のAHA公式プロバイダー Provider 認定カードが発行されます。 医療従事者レベルの心肺蘇生技術認定です。

教材・その他

下記の教材と器材は受講生各自でご用意いただきます。

41M28otX6oS._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

BLSプロバイダーコース

二次救命処置と訳される Advanced Cardiac Life Support(ACLS)を身につけるためのコースです。主に病院内でアルゴリズムに基づいて行なわれる高度な救命処置が実施できるようシミュレーション・トレーニングを積みます。