top of page
C-BLS. fabikon .png
1.jpg

C-BLS 講習後アンケート​

Chiba BLS Learning Site(C-BLS)での講習に参加いただいた受講生様のアンケートです。

コース受講をお考えの際にお役立てください。

JAAM-ICLSコース
大橋様(看護学生)
​医療従事者の方々と一緒に受講して現場の話や教科書には載っていない話を数多く聞けて貴重な体験ができました。患者さんをチーム皆で協力して助ける経験として、声のかけ方やCPRの評価などコミュニケーションをしっかり取る重要性を学びました。呼吸や循環の評価から再開まで、原因検索など患者さんの回復のためにできることを考え続ける看護師になりたいです。

牛山様(看護師)
チーム蘇生における、それぞれの役割とアルゴリズムの理解を深められました。練習を重ねる毎に個人として、チームとして少しずつ動けるようになっていくのが実感できました。また多職種の方と学び合うことが良い刺激となりました、臨床へ持ち帰り自己研鑽する際の材料にさせていただきます。

常井様(救命士)
急変対応時こそコミュニケーションエラーが発生しやすく事故が起きやすい場面と確認でき、自己中心的な行動をせずチームで対応する重要性を学びました。

土本様(助産師)
周産期領域でCPAの経験が、さほどなく成人の蘇生に関する手技や知識をこのコースを受講し自信に繋がりました。

S様(医師)
​最初は緊張していましたが皆さんと声をかけあって練習を重ねるごとにチームワークが完成し、スムーズなCPRを行えました。実際に自分自信やチームに何が不足しているのかが明確になり、それを修正していく課程を楽しみながら学ぶことができました。

M様(医師)
​研修病院で受講できておらず、上級医の先生の見よう見まねでやっていたが分からない、不安な部分が解決できました。

T様(看護師)
​部署外でのICLS講習は初めてでしたが選んで良かったです。


 
bottom of page